高校演劇シンポジウムin中野あくとれ

 2月10日(土)に、中野あくとれにて「高校演劇シンポジウム」が開催されました。これは、日本演出者協会のフェニックスプロジェクトによる企画で、福島県の高校演劇部員らをパネリストとして迎え、高校生たちの生の声を来場者に届け、会場の皆さんと一緒にこれからの福島や福島における演劇活動を考えていきましょうというものです。震災後7年が経過しようとしている現在においても、福島県の高校演劇では震災や原発事故をテーマにした舞台作品が上演され続けています。その意味と上演における葛藤について、上演した高校生自身が熱く語ってくれました。

 シンポジウムに先立って、岩瀬農業高校演劇部が「サテライト-2011-」を上演してくれました。「サテライト校」とは、福島県の浜通りにある学校が、震災及び原発事故により他地区の別の学校に校舎(学校機能)を移し、避難した生徒たちの学習を存続させる措置をとる学校のことを指します。(なお、現在ではすべてのサテライト校がその役割を終えています。)他地区に避難した生徒は、その地区の高校に転校するか、自分がいた学校のサテライト校に通学するかの選択を迫られます。

 主人公の女の子は別の学校への転校を選ぶのですが、その学校に母校がサテライト校して来ることになりました。元の担任もサテライト校に勤務しています。新しい学校になじめずサテライト校にちょくちょく顔を出す主人公と元担任との心の交流という二人芝居ですが、見る者を引き付ける迫真の演技で、客席では感動の涙も見られました。

 そんな福島の当時の現状を知っていただき、11名の高校生がステージに並びシンポジウムが始まりました。震災当時、小学生だった自分たちが、なぜ震災や原発事故をテーマにした作品をやっているのか?正直に言えば、実はやりたくなかったとか、そんな作品をやることに抵抗感や罪悪感を感じたりしたとかという発言があり、高校生たちの葛藤が分かりました。しかし、それでも作品をやることの一番の理由は、福島を知ってもらいたい、忘れてほしくないという思いからなのでした。小学生のときはよく分からないまま当時を過ごしたものでしたが、高校生になって改めて世の中を見ると震災はまだまだ終わっていないことに気づくのです。そして自分たちの表現手段である演劇を通して、自分たちも深く考え、他人事ではない当事者であることにも気づき、多くの人に知ってほしいと思うようになったとのことでした。

 観客は完成された舞台だけを見て、高校生たちが問題意識を持って上演していることに様々な感興をおこしますが、作り手である高校生からすると、部内では本当にいろいろなことがあり、決して一枚岩ではないということも分かりました。高校生自身も悩みながら震災や福島に向き合っていることに、多くの来場者が改めて感動したものでした。

 今回のシンポジウムは非常に意義深いものがあり、また一つの問題提起でもありました。来場された皆さん、本当にありがとうございました。そして、日本演出者協会のフェニックスプロジェクト実行委員会皆さまも本当にありがとうございました。

2017年が終わります

 まもなく2017年が終わります。皆さんにとって、今年はどのような一年だったでしょうか?福島県高等学校演劇連盟としては、今年もいろいろなことがあり、充実した一年となりました。ちょっとだけこの一年を振り返ってみたいと思います。

 まずは、新年度から県連盟の事務局長が交代しました。これは前事務局長に転任に伴うものです。(しかも演劇部のない学校に…。)一昨年臨時で事務局長を務めたのですが、再登板となってしまいました。今回は臨時ではないということなので、頑張りたいと思います。

 次に、8月に仙台で開催された全国大会(全国高総文祭)に相馬農業高校飯舘校が出場しました。相馬市にある高校の分校として飯舘村に校舎があったのですが、原発事故の影響で福島市内の高校の敷地内にプレハブ校舎を建てて(サテライト校)学校生活を再開しました。でもいつかは飯舘村に戻らなければならない。その「いつか」を仮想として描き、生徒たちの葛藤を舞台作品としました。福島県内では「サテライト校」という言葉は普通に認識されていますが全国大会出場によって、その名称を全国的に知ってもらうこととなり、震災や事故はまだまだ終わっていないことを訴えたものでした。しかし、この「仮想」はとうとう現実のものとなってしまいました。飯舘校は30年度募集停止となってしまったのです。一部報道によると、今後は村立高校として継続できないかと県教委と村で協議を行うそうです。復興というと、良い意味に捉えられますが、その裏側ではどこかで誰かが葛藤を抱えているという事実も忘れてはいけないとつくづく感じたものでした。

 さらに8月は、国立磐梯青少年自然の家にて2泊3日の夏季研修会を行いました。県内の演劇部員200名以上が参加し、劇団シアターモーメンツを中心とした若手メンバーから指導を受けて表現することの楽しさを体感したものでした。

 そして、9月から各地区大会が始まり、11月末には白河文化交流館コミネスにて県コンクールが開催されました。白河(県南)地区で県コンクールが行われるのは久しぶりのことで、なおかつコミネスでは初めての大会でしたので準備や運営は大変でしたが、いろいろとご配慮いただきとても温かみのある大会となりました。(個人的には事務局という立場での業務と出場校という立場が重なり、ちょっと大変な大会とはなりました。)

 

 こうして振り返ってみると、(まだ1年終わってないけれども)ちゃんと業務ができているのだろうかと不安になったりもします。HPやブログの更新も定期的ではないので、ご覧になっている方からするとやきもきさせてしまっているかもしれません。そこのところは申し訳なく思います。これからも頑張っていきます。

 さて、福島県高等学校演劇連盟も多くの方のご協力や支援をいただき、無事2017年を終えることができました。本当にありがとうございました。大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

 それでは皆様、よいお年をお迎えください。

                                 (2017.12.28)

 

県コンクールを終えて

 福島県大会が終わりました。最優秀賞はいわき総合高校の「ありのまままーち」、優秀賞第一席は勿来高校の「トモダチ」でした。この2校を12月15日から山形県で開催される東北大会に推薦いたします。東北大会出場おめでとうございます!福島県代表として頑張ってきてください。(東北大会の上演日程についてはまた後日ご紹介します。)

 残念ながらすべての舞台を見ることはできませんでしたが、評価のポイントは、世の中の問題や自分たちの問題に対して高校生がどう向き合っているのか、ということをきちんと表現できていたか、または考えているのかということだったと解釈しました。

 事務局という立場上、審査員の先生方といろいろなお話をさせていただく機会がありました。当然ながら3人とも県外の方です。7年が経過してもやはり「福島」を心配してくれています。福島はどうなっていくのでしょう?県内の人間であってもその答えは分かりません。7年が経過して復興とともに「風化」も進行しています。県外はもちろん、県内の人々でさえ記憶が薄れてきていることでしょう。いや、もう触れたくない、思い出したくないといった方がいいかもしれません。

 しかし、演劇という表現手段があって、福島とどう向き合っていくのかという問いがあれば、自ずとやるべきことが見えてくるのかもしれません。お話の中で「福島は十字架を背負ってしまった。」という言葉が出てきました。県外の方、特に表現活動をなさっている方にとっては「福島」はそのように感じていらっしゃるのでしょう。演劇のテーマとして震災や原発を取り上げることは、まさに使命のようなものなのかもしれません。しかし、当の高校生たちはどうでしょう?当時小学4年生や5年生だった子供が高校生になって演劇を始めて、震災や原発について考えることをどう思っているのでしょうか。ここに、福島県の高校演劇の抱えるジレンマがあるのです。

 ところで、広島県では原爆に関係した舞台作品が毎年のように上演されます。戦後70年が経っても、高校生たちは自分たちの問題として取り上げています。もちろん、その内容については取り上げるかどうするか、かなり時間をかけて議論するそうです。自分たちで広島について学習を行い、被爆者の方に取材をして、みんなで話し合い、そして最終的に「やる」という結論を出し、作品を作り稽古をして上演していくとのことです。

 福島の高校生たちは、震災や原発について表立ったテーマはもちろん、内在されたものであっても舞台として作品を作ることにやや嫌悪感を持っています。それは「触れたくない、思い出したくない」というものと、地域的な問題もあり、「大した被害を受けていない自分たちが福島を語ることはできない」というものもあるようです。それこそ高校生たち自身が自分たちで「風化」させているのです。福島の県大会において、審査員の方々は福島の高校生たちにある意味「期待」をする一方、当の高校生たちは「もういいよ」という気持ちを持っているのも事実です。

 確かに県外であれ県内であれ、あの震災と事故は決して忘れてしまってはいけないことです。絶対に人々の心から風化させてはいけないものだと思います。だからこそ、高校生となったときに、もう一度あの震災と事故について考えることは必要だし、重要なことではないでしょうか。福島県に生まれた身として、福島とどう生きるかは永遠の課題です。震災や事故はなかったことになりません。そして見て見ぬふりすることもできないのです。もちろん演劇とは楽しいものです。やっていても見ていても楽しいものでなければなりません。でもその中で、自分たちの置かれている状況について、ほんのちょっとでも考えていくことが大切だと思います。大人(顧問)として、そんなことを伝えていくのも私たちの使命なのかなとも感じました。

 ある上演校は戦争をテーマにした既成作品を上演しましたが、講評の中で審査員の一人は「戦争は、今の高校生であっても当事者なんだよ」と言いました。なるほど。当事者意識って非常に難しいものです。たとえどんな物事でも自分は当事者であるんだなと、改めて思いました。

 本当にいろいろなことを考えさせられた3日間でした。

 最後に、この県大会を運営してくださった県南地区のみなさま、本当にお世話になりました。ありがとうございました。そして、ご来場いただいた多くのみなさまもありがとうございました。高校生の熱い思いを感じることができましたでしょうか。

 

第71回福島県高等学校演劇コンクール開幕!

 いよいよ「福島県高等学校演劇コンクール」(以下「県大会」)が始まりました。今年は昨年の16校からは2校少ない14校の出場校での大会となります。昨年は、東北大会が福島県で開催されましたので、開催地のいわき地区が「開催地枠」として県大会への出場校数を1校増えており、今年はそれがないために1校減となっています。また、本県は地区大会での上演校数に応じて県大会への出場校数が決まっています。残念ながら県中地区にて9校という上演校数であったため、2校の推薦となりました。(10校から3校の推薦となっています。)

 審査員の方々は、劇作家・演出家で劇団燐光群主宰の坂手洋二先生、「青年団」演出部所属で「うさぎ庵」主宰の工藤千夏先生、群馬県の新島学園中学・高校で演劇部顧問をされている大嶋昭彦先生の3名です。3名ともとても落ち着いた雰囲気をお持ちの方で、お会いした当初は話しかけづらいかなと思いましたが、全くの杞憂でした。(工藤千夏先生とは以前より面識はありましたが。)開会式での審査員紹介を連盟事務局が行うのですが、柄にもなくけっこう緊張してしまい、うまくご紹介することができませんでいした。この場を借りてお詫びします。

 初日は5校の上演でした。福島県は「幕間講評」というものを行っており、幕間(休憩)20分間の中で、審査員の方から講評をいただきます。上演後すぐに衣装を着たままの役者や演出などの生徒が審査員の前に並び、アドバイスをいただきます。上演後すぐの講評はかなり難しいものではありますが、3名の先生方は的確に、時には厳しく、時には温かく講評をしてくださいました。(大嶋先生は初めてのことということで、打ち合わせの時には良いアドバイスができるか、少し不安であったようです。関東ブロックでは幕間講評というものは採用していないとのことでした。一般的には、最終日にまとめて行うことが多いでしょう。)

 ところで、福島県大会の初日の29日は、実は山形で東北大会の舞台打ち合わせの日なのでした。福島以外の東北5県は、すでに12月15日から開催される東北大会に出場する代表校が決まっております。福島県が最後なのです。ここで他県の代表校をちょっと紹介したいと思います。

  青森県・・・青森中央高校、弘前中央高校

  岩手県・・・久慈高校、大船渡高校

  秋田県・・・湯沢高校、聖霊女子高校

  宮城県・・・石巻北高校・仙台三桜高校

  山形県・・・酒田西高校・山形東高校・酒田東高校

 

という顔ぶれです。福島県大会が12月1日に終わって、何と2週間後に東北大会です。気候的には寒い時期ですが、きっとまた熱い東北大会になることでしょう。そういえば、以前山形の東根で開催された東北大会のときは大雪でした…。

 では、福島県大会2日目です。今年は平日開催ということもあって、客席が少し寂しい感じがします。ぜひ、みなさん足を運んで高校生たちの瑞々しい演技、舞台をご覧いただきたく存じます。よろしくお願いします!

県コンクール1か月前!

 いよいよ福島県高等学校演劇コンクールまで1か月となりました。ここまで、相双地区を除く5地区で大会が行われ、13校の県大会への出場が決まりました。相双地区は11月4日(土)の開催です。お時間のある方はぜひ会場まで足をお運びください。

 さて、県コンクールが開催される白河文化交流館コミネスの下見に行ってきました。白河市民会館を建て替えて完成したコミネスはとてもきれいで、隣に市立図書館もあり、まさに白河の文化の中心として活躍してくれるものであると感じました。舞台も間口10間奥行き8間ととても広いです。(実際には8間×6間で使用しますが。)客席も約1100席と十分にお客様をお迎えできます。ただ、今回の県コンクールは平日開催なので、そこが残念です。たくさんのお客様がいらっしゃることを祈っております。

 上演順もほぼ決まりました。相双地区大会が終了しましたら、すべての学校名を入れたものをこのホームページ上にアップしますので、もうしばらくお待ちください。今大会は14校での開催となります。昨年が16校での開催で、かなりタイトなスケジュールでしたので、ちょっとは運営に余裕があるかもしれません。今年はどんな大会になるのでしょうか。

 大会を運営してくださる県南地区の皆さま、加盟校も少なく、とても大変なことと思われますが、なにとぞよろしくお願いいたします。第71回大会という、また新しい歴史を刻む、思い出深い大会にしていきましょう。

(2017.10.31)